since 2006/08

tom-k's RC blog

趣味のラジコンの事をメインにダラダラと書き綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Tips-002】ライン

またまた偉そうに講釈を書いてみました(笑)


ライン取りによってラップタイムは激変します。
最速ラップが出るラインを レコードライン って言いますね。
サーキットのレコードラインを読み取る能力を持っている人はどこで走ってもタイムが出せるんじゃないかな。
もちろん、レコードラインを読み取ったとしてもマシンの仕上がりが悪かったり、テクニックが乏しくてラインに乗せ切れなければ結果も出ませんけども。
マシンも腕も絶好調!な時でもレコードラインの読み間違えがあればコレも結果がでません。
あと、マシン特性や走行スタイルによってもレコードラインは変化すると思います。

実車F1とかGTレース等の映像なんかではラップタイム差とかは解りますが走行ラインってのは解り難いですね。でもラインの違いによるラップタイム差ってのは存在してるハズです。
ラジコンの場合は、車体を外から見ている為に、そのラインの違いは一目瞭然です。
速い人が居ればその人のラインを参考にするのも手ですね。

自分の場合、ガキの頃からラジコンやってたり、TVゲームはレースモノ、実車でもサーキットを走ったりとシチュエーションは違えど、サーキットをとにかく走ってた経験からライン取りは自然と身についた感じです。
ツーリング本格始動した時からやっているのは、サーキットを撮影してプリントアウトしたものをトイレに貼っています(笑)用を足しながらイメージトレーニングするんです。
出来るだけ具体的に想像しながらラインを思い描くだけですけど、お金掛からないし、現場で走る時にはイメトレの効果が体感できたりします。

【Tips-001 タイム】の記事で書いたように、色んなラインを走ってタイムを比較すれば”自分のレコードライン”は確実に見えてくるでしょうね。


補足:
狙ったラインに乗せれるマシン作りが一番重要だったりします。
速さよりも扱い易さ、みたいな。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomk.blog74.fc2.com/tb.php/206-8a1b013d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。