since 2006/08

tom-k's RC blog

趣味のラジコンの事をメインにダラダラと書き綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mini-Tのセットアップ

動画を撮った日に感じた事。
そして、その対策案。

■1,巻き込みが発生し易い
■2,ジャンプの姿勢が前下がり
■3,STサーボの反応が遅い
■4,アクセルレスポンスが遅い


■1については、挙動から判断してフロントサスが沈み込んでリアが浮いているようです。
その為に巻き込んでスピンしていると判断。デフも影響しているようです。
●フロントバネをハードにしました。併せて、ダンパーを1段立てて(真中)取り付け。
●リアダンパーは1段寝かせて(真中)取り付け。
●車高を少しリア下がりになるようにテンション調整。
●デフに粘度の高いグリスを使用。

■2については、ジャンプ頂点でフロントよりもリアが強く(早く)蹴ってしまい前のめりになっていると判断。
●1で施した対策がそのまま2の対策にもなります。
●アクセルワークでも影響するのですが現状のレスポンスでは対処しきれませんσ(^_^;)

■3については、サーボそのものの動作速度が遅いようです。また、サーボセイバーもかなり緩い事も操作性の悪化を招いていると判断。
●サーボは後々に変更するとして、サーボセイバーのスプリング部分にナットを噛ましてテンションをUP。





■4については、モーターが高回転型である事と付属アンプの特性によるものだと判断。
●モーターはレスポンスに優れていそうなトルク型に変更してみたいですね。
●ギヤ比については調整用ピニオンが手元にないので準備する予定。


その他、4輪の軸受けにベアリング(8×4×3)を入れました。
直進性確保の為にフロントトーをインにつけました。
ガタも出てきているので結構強めにつけてますσ(^_^;)

上記の対策で走らせてみましたが、ジャンプの姿勢も良くなり、コーナーでの巻き込みも無くなりました。

まぁ・・・路面がビショビショの中を走らせたものだからマシンは泥ダンゴ状態。
持ち帰ってメンテしたのですが、電気系パーツを外すのも楽だし、その後はパーツクリーナーで泥を落として乾いたらフッ素系潤滑スプレーしてメカ積み。これだけで1時間もかかりません。
更にメンテ性を向上させるべく、アンプ+レシーバーはマジックテープ止めに。
汚れ防止に、ボディにもフッ素スプレー(笑)ぬるぬるするけど(笑)
問題はタイヤだなぁ。水洗いしたんだけどエア抜き用の穴から水が入っちゃった。
ちょっとだけなら問題ないさ。と自分に言い聞かせ(笑)

とにかく、気楽です。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tomk.blog74.fc2.com/tb.php/157-bb77f326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。