since 2006/08

tom-k's RC blog

趣味のラジコンの事をメインにダラダラと書き綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギヤデフ入手

2011/08/31

某お方が岡山WANGANに行かれるとの事で、購入をお願いしてましたが。



本日、TF6 ギヤデフ発売。(笑)



スポンサーサイト

ESCメモ

2011/08/30

ESC メモ

使用しているのは HobbyWing です。
モーターはとりころ~る13.5T全日本sp.φ12.5シルバーローター
バッテリーはLiFe 6.6v

ブースト : 35
ターボ : 20
スロープ : 12
RPM : 3000
ディレイ : OFF
ACC : 300


スロープレートを下げるとアクセルパーシャルがピタッと決まる事が多かったので下げて使ってます。

ACCは下げるとモーターの音が重くなって発熱傾向。
モーターが処理出来る電力を超えてESCが送電しようとしているからかな?
使った感じとモーター音から、300~400あたりがイイと思ってます。

スタートRPMが難関で、実際に走っている時のモーター回転数が分からないですもん。
自分はギヤ比を7あたりで使ってますので、ギヤ比6あたりの人と比較すれば、必然的にモーターの回転数は多いハズ。
だから3000



ドラッグブレーキ : 7%

フロントワンウェイ仕様だとドラッグで巻くので下げ下げ。
このままフルタイム四駆でも問題なくヤッてます。
モーター発熱とか考えると下げる方向がイイんでしょうね。



あとは、プロポでチョコチョコ。

セットメモ

2011/08/29

オイルダンパーの件もあったのでダイヤフラムを元に戻して確認の為に仕事帰りに走ってきました。

今日も好調。・・・・って。

・・・ダイヤフラムだの押しだの引きだのは関係ないのか?(^^;

ま、いいや。
また余裕のある時にダンパーの組み方などをテストしていこうと思います。




木、金、土と好調だったのでセットを記録しておこうと思います。



サスマウントFR(フロントの後ろ側)を0.5mm下げ。
正スキッドとすることでトータルキャスターが増大。
これでタイヤが前へ転がろうとする力が発生します。
自転車やバイクのフロントフォークって斜めに傾いてますよね。
バイクの自重が車輪に伝わると勝手に前進しようとするのと同じ原理。
突っかかって曲がるのではなく、抵抗感なくスムーズに曲がるようになる(ハズ)


リアに関してはロールセンターの調整でリア全てのサスマウントを0.5mm下げ。
更にサスマウントRF(リアの前側)を0.5mm下げて逆スキッドにしてます。
自分はリアトーを減らすセットを好む為にホイルスピンが発生しやすいのですが、それを逆スキッドで補うかたちですね。


上記のサスマウント高さやスキッドに関しては、自分の定番セット、言うなれば オレ的定番セット (笑)




フロントサスアーム位置は0.5mm後退。


リアサスアーム位置は1mm前進。

ホイールベース1.5mm短縮してます。このあたりも、オレ的定番セット です(笑)
リアハブ位置も前進・後退調整できますが、コーナーの突っ込みで影響が出ます。
ハブ側をいぢるのが面倒なのでほぼ固定ですけど(笑)
ついでに言うと、リアサスアームを前進させるとトラクションUPする(ハズ)



アッパーアームのバルク側は下げてます(0.5mmか1mmだったか忘れました)
ダンパーポジションは路面に合わせて立てたり寝かしたりしてます。
立てればステアリングのダイレクト感UP、寝かすとダルくなります。
自分は寝かせ気味にしてる時が多いかな。


リアのアッパーアームもバルク側を下げてます(ここも0.5mmか1mmだったか忘れました)
リアのダンパーボションは出来るだけ立てるようにしてます。
リアを寝かし過ぎると姿勢の戻りが遅く感じて次のコーナーのアプローチが難しく思うので。
立て過ぎると、コーナー入り口で一瞬突っ張った動きが出て危なっかしいですな。

このマシン、ダンパーポジション穴が多いから細かい調整が出来てグッド♪
(左右の穴を間違えたりするワタクシですが、何か?)



ヒートシンク降ろしました。
変わりに導風板を付けてみました。
テスト的なプロト版なので見た目がアレですけど、効果あるね。
風を当てるだけではなくて熱を逃す流れを作ってやるとイイのかもね~。

実はフロントワンウェイ仕様にしてからイニシャルブレーキをガッツリ減らして、転がして曲げる走りをすると、フルタイム四駆では90℃近くだったのが70℃弱まで温度が下がったのでヤッてみた訳。

ま、その後フロントボールデフを組んでフルタイム四駆にしたんだけど80℃強です。
今後は気温が下がるのでこのままヒートシンク無しでイケる(かな?)
左右の重量バランスも良くなってるハズですしね。




コーク・ハイが効いてきたので(笑)今日はこのへんで。

使い方が解りません

2011/08/27


さて、コレはなんでしょう?


びーちく?(笑)


オイルダンパーのダイヤフラム(プラダー)です。



こんなことや。


こんな遊びも出来るスグレモノです♪



試しに組んで走ってみました。
走りは悪くなかったのですが(土曜日は好調でした)

ダンパーをバラしてびっくり。
なんとダイヤフラム上にオイルがいっぱい(^^;

バラす前に押しでも引きでもない状態になってたのでおかしいな?とは思ってたんですが。

恐らく。
ダンパー作動によってダイヤフラムが変形してエア室にオイルが流れ込んだんでしょう。
よくよく考えれば底が深いタイプですからダンパーピストンが突いちゃう可能性もあった訳で。


さて。
ダイヤフラムにも沢山の種類があって、何がどうなのか、なんだか よく わからんちん。


基本的には純正(台形、タミヤ純正と同じ形状)を使ってまして、エア室の詰め物を臨機応変に使い分けてまふ。
ついでに言うと、常にパッツンで組むようにしてます。
使用していくとだんだんパッツン具合が弱くなっていくので詰め物をだんだん硬いものに変えていくとかヤッてます。
(ただの手抜きなんですけどね)



エケコって知ってる?

ワンウェイ→ボールデフ

2011/08/27

今日も れんしう 行ってきますた。フロントワンウェイです。

・・・岡山WANGANではシンノスケ氏がギヤデフ持ち込んで先行販売ちぅ。
高速飛ばして全日本の雰囲気も感じつつ買いに行きたいのですが・・・


とりあえず、ワンウェイです。

とにかくリアの安定感を増やしつつ、曲がりも犠牲にせず~・・・
握らなくてもタイム出るんですよね。
車体の向きが常に行きたい方向へ向いてくれるってのは強みです。

しっかし・・・
5分間ノーミスで走るのが辛い(^^; 3分過ぎあたりからリアがズリズリになるし。

一人で楽しむ分にはいいけどレースで混走でとなると混乱の元ですな。



んで。フロントボールデフへ。

あれ?
思ったより良く走ってる。
路面も出来上がってるからだろうけどイイ感じ。

何がよくてどうなったのか自分なりに分析しつつ、ギヤデフに繋げていきたいですな。

フロントワンウェイ

2011/08/26

今日はフロントワンウェイで練習してきました。
とりあえず前後ボールデフ仕様のまませっせと路面作り。

ほんで。
まずは前後ボールデフ仕様のままフロントにワンウェイを装着。
やはり、リアがふっ飛びます(^^;

昔のノウハウをちょっとずつ追加してある程度は走れる状態にしました。
とは、言うものの操作はシビアです。
良く言えばリニア。

無理やり曲げてたスタイルから、アクセルでコーナーリングしていくスタイルへ。
いや~。この感覚、懐かしい。そして気持ちイイ。
より、アクセル操作が大事になってきたのでパワーソースもいぢりつつ。
タイムは12.1秒あたりです。

今から更にセットをいぢって、また明日もワンウェイで練習しようと思います。



話変わりますが。
路面も出来上がってフロントワンウェイ仕様もイイ感じになってきてラスト一本走ろうとしたのですが、ドリフターズが大挙襲来・・・
混走できる訳もなく。今日はイカず後家で終了。

活気があってイイ事だとは思うのですが、難しいですねぇ。


なぜ。周南サーキットに行かないのだろう・・・

素組から自分セット(変態風味)へ進化(珍化)しつつ。

2011/08/12

フロントドライブ。

スプール、デフ、ワンウェイと、もはやセッティングアイテムのようにちょくちょく変更しているこの頃。

しかし。
フロントもBCSだと現地でバラすのに手間かかるので、従来のタイプにしました。
程度の良い中古デフジョイントから新たにボールデフを組んで走りにいきました。

やっぱ、曲がる~。そして、デフが滑る~(--;

仕方なくフロントデフを締め上げて走れば、やはり回頭性が落ちる・・・


で。行きつく先は、やはり リアトー(笑)

サスマウントがセパレート式になっている為に気づかなかったんだけどどうやら標準は4度か3.5度かな。
これを2度(もしくは1.5度)に変更したら今までの自分のマシンのようにクイッと頭が入るようになりました。
ちょいとリアがナーバスになってますがサスセットでなんとか出来そうな範囲。
しかし、どうしてもデフが滑るのか加速がヌルイ・・・

つか、このままでスプール入れるといいのかも。



また、違うアプローチでバネも変更してみました。
ダンパーシリンダーが変更されて、シリンダー径が細くなりました。
もともと太いシリンダーだったために使用できるバネが限られてましたが、今後は色んなバネが使えます。

今日はとりあえず、懐かしのハラマッチド。
前後ともイエロー(スーパーソフト)入れてみましたがエエ感じです。
(当時は6セルだったので設計思想が今と比較して硬めかと)


テックやヨコモも部屋のあちらこちらに転がってますのでちょくちょく試していきたいと思います。

体重測定

2011/08/08

Li系バッテリーになってから常に悩みの種。
左右の重量バランス。

せっかく撮影したのでメモ。


とりころ~るの全日本sp.です。


ESC。重たい・・・コード類で大きく変わりますよね。


受信機。軽すぎ(笑)


40mmファン(笑)


イーグルのゴッツイヒートシンク。


上記の組み合わせ。ちなみに30mm専用のヒートシンクに40mmを付けてます。


通常はこれくらいの重さですよね。


これはLRPの40mm専用のヒートシンク。未使用ですが今後も出番なさそうです・・・


ついでに。BMC。これも今後の出番はあるんでしょうか・・・

サーボについてはメタルギヤ仕様で45gです。
プラギヤだと40gあたりですね。
角型LiFeバッテリーは250~280g


モーターとESCの重量でバッテリー重量とバランスが取れる感じ。
サーボと受信機、そしてヒートシンクまで載せると全然バランス取れませんよね。



サーボの搭載位置に関しては、より中央に載せれるような工夫を各社が行っている感じですが。
モーターの搭載位置ももっと中央に寄せれるよね?>メーカーさん


TA06がまた流れを変えるのかな~・・・

ギヤデフ

2011/08/07

TFシリーズもついにギヤデフですかね。



発売が楽しみ。

TF6シェイクダウン

2011/08/06

先月末にYahoo!から「おめでとうメール」が。
入札してたのすっかり忘れてたのですがTF6(中古)を落札。


届いてからは全バラして板一枚から組み直し。


ついでに重量計測。


その他、アレコレ。

リアバルク。ベルト短いな(笑)つか、太くね?


フロント。ステアリングがダブルワイパータイプに。


フロントもBCS(ボールコネクトシステム)。現地でバラすの面倒・・・


モーター固定はスパーギヤが穴開きタイプぢゃないとダメなんです・・・


手持ちのスパーを自前加工でなんなくクリア。(ボディリーマーでクリクリ)


なぜかフロントバンパー内にウェイトが。しかも60g。前オーナーはドリフトしてたのかな~?


完成。慣らし運転中。


メカレイアウトや配線の取り回しにてこずったりしましたが、ようやく走れる状態になったのでシェイクダウンしてきました。

マシン状態もよくてシャキッとした動きが気持ち良かったですわ~。(久々に味わうw)
しかも、やっぱレッドアルマイト萌え~。です。


ってな、わけで。
また自分好み&タイムの出せるセットを模索しつつ楽しみたいと思います。



・・・普通のマシンでごめんなさい。 >誰とわなくw

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。