since 2006/08

tom-k's RC blog

趣味のラジコンの事をメインにダラダラと書き綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボールデフかスプールか

2011/05/25

今日は前後デフにして走ってきますた。
スプールと比較してやはり操縦性は格段に上がりますねぇ。
小さなアールもステア切った分だけ曲がってくるし。

しかし、ボールデフがパワーに負けてしまって、握ると少しヌルっとした加速感が・・・
結局、前に出ない為にタイムも伸びない。

ギヤデフなら解決出来るんでしょうけど。

実は以前、416用のギヤデフ(スペックR製)を搭載しようとテストするも載らなかった経緯があります。
スタリオン・シンのステアリングワイパーに接触してしまってどうにもならん。

スタリオン・シンの33枚プーリーで出してくれないかな>スペックR

まぁ、滑りの問題を除けば、操縦性が向上して操ってる感が楽しい。
スプールは、勢いで走るにはいいかもだけど微妙な操作がスポイルされて気持ちよくない。

現状はボールデフかスプールか、の二択。

え?ワンウェイがあるって? 今更、ワンウェイで走れる自信はありません(^^;


そうそう、今日、ハングオンを目の当たりにしましたよ(笑)
ちょっぴり物欲センサーが反応・・・




話、変わるけど。


2歳の次男がテレビを見て「パパ!パパ!」と指差す。










そのシーンがコレ。




嫁と爆笑(笑)
確かに似てるかな(笑)



CM自体はコレ↓
スポンサーサイト

'11/04月度 旭レーシング画像



























リハビリ終了か?

2011/05/18

ダンパーバラして組みなおし。
ダンパーOリングが変形してた(笑)膨張するんだね~。

フロントオイル カワダインパルス#450
リアオイル カワダインパルス#400
フロントスプリング エクストリームグリーン
リアスプリング エクストリームブルー

とにかくフロントの接地感を一定にして丸く回れるように。
ダンパー角度をフロントは寝かせ気味にして、フワッと曲がり込む感じに。
フロントのトレッド拡大&スクラブも拡大。
サスアームマウントをいぢってロールセンターも変更。
キャスターも少し立てて。

って、ほとんどフロント周りの仕様変更です。

フロントの接地感に合わせてリアトー、リアトレッド、リアスタビをいぢっていきます。
しいて言えば、姿勢を整えるためにリアダンパーは立て気味でリアスタビも太めの方向。


とりあえず。



マシンの調子は悪くないので、あとは人間ですね。



つか、モーターマウントが曲がってる。
メインシャーシもアッパーデッキもそろそろ寿命。

スプールでのセッティング

2011/05/16

昨日レースで、夜勤出てそのまま朝からまた走ってます。(バカか)

フロントスプールってメンテ要らずで お気楽極楽。
軽いし、マシンは前に出るし。


曲がりに関してはアッカーマンなどで補正していくらしいけれど、スタリオン・シンは苦手分野かな。
つーことで、マシン全体をいぢくってスプール仕様にしていこう。

メンテ不十分なので今日は方向性だけ掴むとして。


アンププログラム。
今更ながらブーストだのターボだののお勉強をしつつ、無いアタマで試行錯誤。

ちなみに。
ブースト=全域に作用する進角
ターボ=フルスロットル時に作用する進角
という、言葉の使い分けをします。


で。
X12自体が速いのでブーストを効かさずにターボで稼ぐ事に。

ギヤ比 6.8
ブースト 3
ターボ 35
パンチ 9
スタートRPM 3000
ディレイ 0.1
スロープ 18
ACC 400

これで5分走行、モーター温度70℃弱。
これを基準にします。


ブースト 2
ターボ 30
スタートRPM 2000
ディレイ OFF
スロープ 24

これで中間域のパンチ感もUP。モーター温度75℃前後。



ちなみにドラッグブレーキ5%~30%でテスト。
自分は15%~20%あたりが好み。

マシンがより曲がるようになればドラッグブレーキを下げていけるかな。

旭レーシング '11/05月度

2011/05/15

旭レーシング参加してきました。


さて。目が覚めると。
前日メンテ中に寝落ちしたために、マシンがバラけた状態(^^;

予選1回目は棄権します。と現地に連絡を入れてメンテの続き。

あれやこれやと形にしていきますが、フロントデフに関してはデフリング手入れしないとダメっぽかったので組むのを諦めてスプールに。


現地到着して試走。
レンタルモーターはおとなしい出力だったので、またアンププログラムと睨めっこ(笑)
フロントスプールも経験がほとんどなく慣れる事も出来ず予選2回目へ出走。

あかんなぁ~。
曲がる時と曲がらない時があって曲がってる時でも、なんかバサバサした曲がり方してるし~。
フロントが異様にかいてリアが振り回される感じの動きだったり・・・
思い通りになりまへん。

アレをこ~して、コレをこ~して少しはマシな動きになったみたいだけど、全然です。

その後の予選3回目から決勝ヒート1とヒート2となんとか動かせたってレベルで終了。

結果はドベ。


先月と違ってブースカアンプ導入してますからイイワケは出来ません。




レース終了後、X12に載せ変えてアンプセッティング開始。
このモーターでのプログラムの方向性も見えたところでこの日は終了。

そして夜勤へ・・・


はぁ~、しんど。


初ブースト

2011/05/14

とうとう手を出してしまいました。

ブースカアンプ。

話題(?)のホビーウィング製 XeRUN120A だっけ?
元UTM担当者さんのプログラムを参考にして設定。

レース前日ですが旭で試走。
インチキだろ。コレ。ってくらいに速いね・・・

そして見た事もない130℃オーバーになるモーター温度(^^;
走り出して2分後にはモケて前に出ないワケだ。

その後もギヤ比やアンププログロムと睨めっこ。
X12は発熱がきついモーターと言われてますが・・・

マシンのセットも出したいし、夜勤明けでヘロヘロだし。で、煮詰めれないままタイムオーバー。


事情を知ったTeshi-Rさんがモーターをレンタルしてくださる事に(感謝)



帰宅後、マシンメンテを開始するも、寄る年波には勝てず寝落ち(笑)

リハビる

2011/05/05

旭で走ってきました。
ノンブーストで何が出来るか。
今更ながらテスト。

ブーストに対抗する為に速度を稼ぐ内容で望んだ先日のレースで感じたのは。
圧倒的な 立ち の差。(お手手やマシンの仕上がりは別として)


立ちを稼ぐ為に。

キャパシターを装着。
ギヤ比をローギヤードへ。
モーター進角ゼロから+5→+10へ。
電気進角5から4へ。
周波数を更にパワー方向へ。

握りに対しての反応は少しだけ良くなったけど中間~トップスピードが落ちる・・・

結局、12.2が限界。(お手手とマシンの仕上がりは別としてw)

あとはモーターの仕様変更するくらいかなぁ・・・(太いローター入れるか。レギュで禁止だっけ?)


やってもやってもブッちぎられるからテンションダウンで疲れただけの一日。



まぁ。ちゃんと 今年のタイヤ を履いてから(笑)またテスト&練習ですかね。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。