since 2006/08

tom-k's RC blog

趣味のラジコンの事をメインにダラダラと書き綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京商トロフィファイナル そして2010

2010/03/28

京商トロフィのファイナルが無事に終わったようですね。

動画&リザルトを見てビックリ。
RPKの方々が上位独占?(^^;
知らない人ではなくて知っている人達なので自分も嬉しいです。
本当に、おめでとう御座います。


さてさて。
実は京商に「2010年はどうなるの?」と直に聞いてはいたのですが、公式に発表されました。
京商トロフィ2010

レース形式については昨年と変わらないようですが・・・

DRXチャレンヂが内包された事と、レギュレーションに変化が。

●ブラシレス使用可能(ESC&モーターは指定)
●フェーザーEPも可能
●指定ボディの選択肢増加
●ギヤ比の指定が無くなった



バッテリーの指定が「ユントンかスポーツパワーシリーズ」となってるけど、LiPoは含まれるのかな?
重量制限の無いレギュレーションですからLiPo認可だとNiMhの出番は無いですしねぇ。

フェーザーEPって実際はど~なのよ?って情報が無い無い無い。

ボディについてはアストンとポルシェが追加。
ポルシェは実車GT300で走ってるけどアストンは・・・?
もうついでにFIA-GTやDTMもOKにしないかな(^^;
実車オーナーとしてはポルシェを使ってみたいが。


ブラシレスについては、KV2000のモーター使用。
KV2000って全然回らないモーターですね・・・ ちなみにG20だとKV3600辺り。
あまりにも差がありすぎて少し唖然としてますが、実際はどうなんでしょうかね。
ギヤ比との兼ね合いで化けるでしょうし。
これについては人柱が必要ぢゃね>某お方(笑)




と、言う事で。

2010も参加します。

毎回、言いますが、旅行がてらにレースをするようなスタンス。
レースには参加しないけど同行するよ~。って人がいらっしゃれば是非ご一緒しましょう♪

スポンサーサイト

現状撮影

2010/03/24

セッティングシートはちょくちょく記して残しているのですが、pdfへの書き込みが出来なくてデータ化が出来ません。
(京商HPにあるスタリオン・シンのpdfにはパスワードロックがかかっている)
パスロック解除して欲しいもんです。

写真を撮ってオリジナルのシートを作って・・・とか考えてましたが面倒臭くなっちゃった(^^;

折角撮った写真なので適当に載せてみます。
いつもは携帯で撮ってますが、やはりデジカメだと存在感が出るというか、なんか解らんけど良いですねぇ。


センターバルクのフローティング

0.5mmのシムで浮かしています。
もともとはシャーシロールした際にシャーシとモーターが接触するのを嫌ってヤッたのですが、左右の曲がりの癖が減少した気がします。
モーターの下にも空気が流れるとかバルク自体も冷やすとかの効果も期待してたり。


フロントアッパーデッキ

シムを入れて高さの帳尻を合わせるのとロール特性を調整。(なんか毛が挟まってるねw)


リアアッパーデッキ

ここも高さの帳尻合わせしています。ビス留め方法によってロール特性を調整。
特に後ろ側は皿ビスにOリングをハメて締め込み具合を微調整してます。


クーリングファン

ESC用クーリングファンのコネクターをBEC用メスに変換。
この出力を利用してモータークーリングファンを回してます。


フロント回り

ナックルへのステアリングタイロッドの取り付けは後ろ側を使用してます。
操作幅が広く取れるのでフィーリング的には楽になります。
ホイールハブはタミヤ製5mm限定ブラックです。(ノーマルは4.5mm)
スクラブを大きくしてフロントの回り込みを良くしてます。
先日のレースは曲がりが足りなかったので0.5mmのスペーサーも使用しました。


バンプストップ

ダンパーシャフトに大きいOリングをかましてます。
Oリングはかなり柔らかいモノを使用。


タイヤ

先日のレースで使用した 采ノーマーク+30シルバードット。
こんなんなってもレースユースで走れるのはこのタイヤだけですな。

旭レーシング '10/03月度

2010/03/21

旭レーシング参加してきました。

空気は乾燥、そして強風(黄砂もニュースになってました)。
んな訳で、終始ドライ路面。


睡眠不足でボケボケしてますが詳細を追記(3/23)

モーターをベクターX11(1年以上使用)からピュアエボリューションへ新調。
モーター特性に合わせてBMCの周波数・電気進角・イニシャルブレーキ等を変更、ギヤ比も変更。
ギヤ比は終日4.88。
ボディはアトラスPUNT-GR(レギュラー)を終日使用。
ダンパーピストン(3A)・オイル(アソシ300)へ変更。
スプリングはその都度フィーリングで変更。(エクストリーム製)



●予選1回目●
15周 3:40.215 リタイヤ best 12.092 in9L
銀玉 イーグルLiFe3800 

今日は路面が軽いなぁ~と思いながら数周走った時点でかなりの挙動不審に。
危険なので走行を止めました。リタイヤ~。
挙動不審の原因はビスの緩み・・・
上側のビスが全て緩んでましたよ(笑)
バルクヘッドもガタ付くものですからダンパーステーも上下動していたらしく車体を支えきれない状態でシャーシを引きずってたみたいですね。(カチカチいってたモン)
更にベルトテンション調整用の偏芯カム(ベアリングホルダー)は左右で位置が違ってたし(^^;
ネムネムでメンテするとこうなるんだな。
走り始めのチェックも出来てない。自爆っす。



●予選2回目●
24周 5:00.720 best 11.637 in18L
無印 イーグルLiFe3800 

銀玉の状態が思わしくない為、温存計画。代わりに無印を投入してみました。
曲がりが甘くてインに寄りません。そして前に出ません。
・・・う~ん。このタイヤの使い方が解らん(^^;
インドアの方が相性いいのかな?



●予選3回目●
25周 5:03.385 best 11.774 in8L
?? イーグルLiFe3800 

え~と。
何をしたか よく覚えてません(笑)
スタビとかバネとかいぢった気がします。



結局予選はダメダメでBメイン確定。



●決勝●
26周 5:06.608 best 11.426 in9L
銀玉 イーグルLiFe4200 

なんか吹っ切れた感じで妄想してたセットを一気に施しました。ある意味、賭けですが。
ポンダーチェックの為のコースイン時には、「おっ?イイんでない?」って感じでした。

決勝スタート序盤で、巻きへの対応が遅れてミスしたり、後半の詰めの甘さが出てましたが、
ようやく26周IN

リザルト的にはアレなんですが、最後の最後で満足出来てよかったです。


レギュラーウェイトのボディにも慣れたかな。
と、言うか今回のような強風時には重ボディの方が走らせ易いんぢゃないかと思えました。
それと、路面が軽い時(グリップが薄い時)にも有効なのかな。
パワー関係はピークよりもリニアリティを重視した点も良かったみたいです。


皆さん、お疲れ様でした。
旭レーシング2010/3月度リザルト

Aメイン決勝


Bメイン決勝



おまけ。
モンダ(笑)選手の自作ミニ

明日は旭レーシング

2010/03/20

明日は旭レーシング。
なんか黄砂が押し寄せてくるみたいだけど。




あれやってもダメこれやってもダメ。
そんな日がずっと続いてましたが、原因解析&対策で、なんとか落ち着きつつあります。


金曜に旭でご一緒してたお二人からの指摘やアドバイスで、ダンパーに問題があると判断。
本日、夜勤から帰宅後、ダンパーをフルメンテ。

オイル抜いてピストン動かすもすっげー渋いヤツが1本おりまして・・・
ロッドガイド、Oリング、と、1つずつバラしながら確認していくと、どうもピストンらしく。
見た目に異常は確認出来なかったものの、交換するとスルスルになった。
なんか良く解らん。


それから取説を確認すると、標準と比較して結構固い(減衰が強い)ピストンを使用してたみたい。
と、いうのも、組み立て済み中古(ほぼ新品)で入手したマシンだったのでピストンがどうだなんて細かく見てなかったんすよね。(見た目で3つ穴1ミリというのは知ってたけど)

な、訳で全量ピストンを変更。(→3Aへ)
オイルはアソシ300。
ダイヤフラム上の詰め物は無し。

ピストンが厚く、ロッドガイドも長いのが特徴ですかね。
シャフトのプレが出難い造り。



それから、アームとホイールの接触については、バンプストップで対応。
厚みが3ミリ近くあるOリングをなんと2つもダンパーシャフトにかませてます(笑)
簡単に言うとショートストローク化かな。




実際に走らせてみましたが、問題無し。と、言うか今までが問題だらけだったので、見違えるほど走るようになりました。




そうそう。jigenさんに頂いたレッドのタミヤダンパーもメンテして使用出来るようにしました。
350のオイルが残り少なかったので300を注入。
バネはテックのブルー&シルバー(でしたっけ?)
実際に使ってみましたが、少し柔らか過ぎる感じがしました。

いざという時に2セット常備してると安心ですから、この TYPE-j (笑)も使い倒していきますね。
改めて、有難う御座いました。



タイヤについては、銀玉で逝くつもり。
先月の旭レーシングで「フワフワしてダメ」とか言ってたヤツなんだけど今ごろ喰い始めました(笑)
ただ、結構ヤレてきてるので明日1日持つのか不安・・・
何かあれば慣らし中の無印かな。

未組の銀玉も持っていきますけれど、慣らしが問題だなぁ。しかもハズレロットの可能性が非常に高い。
他新品はRP24、鈴7N、ゼノン24Xと、冬タイヤばかり・・・ちゅーか、使い道悩むタイヤばかりぢゃ。


モーターを新調してからはギヤ比、進角、周波数を大幅に変更しました。
パワーを落とす方向で合わせました。
特にギヤ比なんかは4.88と、以前と比較してほぼ1ほどローギヤ化してますね。
ピュアエボ(X12)は、かなり回転型の特性みたい。
ブラシレス自体が既にトルクフルな特性ですからモーターの味付けは回転型。と、いうのは理にかなっている感じがします。




あと気になってるのはプロポのニュートラル(ズレ?)。
プロポのキャリブレーションは再々やってますがセンサーが汚れてるか何かかなぁ。
意図しない動きが出てしまうのでドライビングは疲れちゃいます・・・
(ユーラスのささやきが・・・)



一番、ヤヴァイのは未だに寝ていない自分。
平均3時間睡眠かな?3日位が限界(^^;
明日がそのピーク予定(笑)
レース中、寝ないように頑張ろうと思います。

B C S

2010/03/14

一体型と思っていたBCS。

なんとボーンにタマタマを引っ付けてジョイントするらしい。


ボーンにタマタマ・・・・(*´д`*)



これは・・・現場作業したくないなぁ。タマタマをブチまけちゃいそうです。




ナイロン?樹脂のカップがあるから平気かな?



って、もう手に入れたつもりなんでつか(^^;

たんじょうび

2010/03/13

誕生日です。

親に感謝。


ちなみに、プレゼントは年中受け付けております(笑)




さて、何か始めようと考えてましたが、twitterを試しに。
トップに貼り付けてますが、コメント入れると本記事がどんどん下がる気配(^^;
置き場考えないとレイアウトがやヴぁいね。
つか、「うまく活用出来ない」に一票(ワラ)

追記
右カラム下方に移動しました。
遠慮無くリプライよろしこ♪


先月の旭レーシングBメイン動画もUPしました。
・・・やはり定点撮影の方がエエかもね・・・

26周の壁

2010/03/11

この記事を書いてる最中の事。
直ぐソコで火事がありました。


嫁「見に行く~」
俺「アホか。行かんでエエ」

数分後、うちには自分1人になってた(^^;
心配なのも含めて、結局、自分も野次馬に参加。

火災に遭われた方、お悔やみ申し上げます。





さて、本題。
勤務と天候の関係で、久々に走れる日が来ました。
仕様変更したものの、走らなければ どう変化したのか解らんからねぇ。


え~と・・・





26周の壁がとても厚く・・・(^^;


まぁ、雨上がりで路面はズルズルだったし、寒の戻りで気温も低かったし。
タイヤ喰わないから足を柔らかくしたのだけど、1コーナーでケツが踏ん張らずクルリンパを1度やってます。
それが無ければ26周は余裕だったかな。
時間無くて再チャレンヂ出来なかった。次、頑張ろう。



こんな路面の時のタイヤは、7Nが強い。同系統のエキストリームもかなり良かった。
ブカブカタイヤというかパンクタイヤというか、タイヤが逃げないです。
路面が上がってくると、突っ掛かり始めて厳しくなるけども。
ちなみに、CSさえ喰わず、慣らしで持ってきた銀玉は直線でスピンすると言うドリフト大会では勝てそうなほど喰わない(笑)
この銀玉、コツコツ言うし、サンディングすると嘘のように削れるし、ぢつはプラスチックぢゃねぇの?(爆)


今日のギヤ比は4.8以上(笑)
それでもまだ吹け切る感じはしません。
進角もまだ余裕を残してます。温度もまだ平気っぽい(気温が低いからかな)。
周波数もチョクチョクいぢりながらヤッてます。
うむ~。このモーター・・・やはり速いんでしょうな。
その速さを活かせるウデが足りませんけども。(-_-;)



トレッドの違い、つーか、スクラブの違いをテスト。
かなり有効、かつ、お手軽なセッティングの1つだということを再認識。
ホイールスペーサーを入れたり抜いたりするだけですけどね(笑)


トータルキャスターについても妄想セットの割りには手応えがありました。
コーナー中盤~後半に影響が出るんですが、実はそれ以外の効能も期待してます。


そして、センターバルクのフローティング化。(フローティングって言えるかどうか不明だけども)
(シャーシロールにてモーターがシャーシに当たってる事から、バルク自体を嵩上げ)
これについては、どう影響したのかが よく解らなかったです。
う~ん。左右の曲がりのクセが無くなったような気がしないこともないですが。
フローティングにした理由は他にもあるので、走りに大きく影響しないのは逆に良いかな。


他にメモるとすれば。
ボディかな。今日はR9-R(軽量)のみ。
唐突な動きが出る感じであまり好きではないのですが、あえてトレーニングとして使いました。
宇宙人を使っていたら、どういうタイムになってたかなぁ~。


また明日から暖かくなるそうですね。
組む銀玉、組む銀玉、全部が コレ といったモノがありません。
なんか、ハズレなのか温度域なのかよぉ解らんチン。
グリップ剤とか処理の関係かなぁ?
路面にラバーが載ってない?

CS22もRP30も今シーズンでは キタ━(゚∀゚)━!!!!! ってヤツに当たってません。
(コレ、とぢらもテイクオフやな・・・)

変わりになるタイヤを模索しちゃいますかね。



コネクター情報教えて下さい

2010/03/10




このコネクターの名称及び、入手方法をご存知の方が居らっしゃればお教え下さい。
ESC用ファン接続とか、電飾、小型ヘリ基盤などに使われてます。

宜しくお願いします。

サスアーム角度

2010/03/10


質問 「サスマウントの高さ、どうしてる~?」

答え 「ベタ付けですよ~」


との会話で、自分もベタ付けにすると・・・


ホイールとサスアームが接触。
イニシャル状態で既にアームが万歳してるから、ロールすると当たっちゃうんです。
アッパーアームの角度や長さによっては当たらないかもしれませんけど。


コーナー奥で不憫な動きをしていた1つの原因。



1Gで水平。が自分の理想なんですがね。


メカレイアウト

2010/03/02

モーター冷却を意識してメカレイアウトを色々とヤリクリしてまふ。

(今月号P.59)


・・・



モーターの前方からファンをあてたいんですが、ご存知のようにモーターがマシンセンターに近いもので。



受信機をモーターの後ろへ。
ケーブルノ取り回しが大変な事になりました。イケてませんね。

このまま1日、走行させた後、再検討。




コレどーすか。コレ。
こんだけ隙間があればファン付きヒートシンク装着も余裕~。

大事なモノが見えません。




バッテリー側に受信機を載せました。

この方法、ダブルワイパーのマシンはステアリング切るとブチ当たる予感。


重量はキャパシタやコネクタコード類を含めて10g程度ですかね。
サーボやESCも前方へ寄せたので、実際に走らすとフロントの接地感も向上しているようです。
それを踏まえてスキッドやトータルキャスターも見直してます。



そうそう。画像にも見えますがモーターを新調しました。
ノスラムのピュアエボですがLRPのX12と同じ。

モーター交換してハッキリしたのは、X11は やはりヘタれてた様子(^^;



噂通りの高温モーターですな~。
モーター進角ゼロ、電気進角6から4へ下げ、ギヤ比も4.5位へ下げ。
冷却を積極的に行って、能力をフルに使いたいモンです。

オプションでアルミエンドベルを付けてますが、フロントハウジングも用意されてるのでいずれ入手します。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。