since 2006/08

tom-k's RC blog

趣味のラジコンの事をメインにダラダラと書き綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切れ角

2009/04/29 TF-5S

パッと見、切れ角が少ないような。
ナックルとハブが接触して物理的にはこれがいっぱいだね~。
なんて、アノお方と話してたのですが、実際は・・・











ステアリングワイパーがシャーシと接触して止まってました。
ここを削るのはちょいとリスクが高いですね。





ってか、生キャラメル。うまい。
ホワイトバージョンも食しましたが、素の方がうまかった。

スポンサーサイト

TF-5S 初走行

2009/04/29

TF-5Sが完成したので初走行してきました。
ってか、ボディはまだ仕上げてないのですけれども(^^;

この車、200mmというワイドトレッド仕様
手持ちの中古ボディを色々試すがやはりハミタイ(ハミ出しタイヤ)になります。
そんな中、プロトフォーム製のダッヂ3.0APがピッタリでしたので取り合えずコレでGO



TF-5TF-5Sとの大きな違いはその幅なんですが、ナックルとサスピンホルダーでトレッド拡大されているようです。
その他、TF-5 と の違いは細かい部分に多少見受けられます。
たとえばステアリングワイパーのポストとか。
レッドアルマイトに憧れてTF-5用ポスト買ったら長くて使えなかったというオチ(^^;
ユーザーも少ない為(?)情報が全然手に入らなくて人柱になれますね(笑)



レッドアルマイト。文句なしにカッコイイと思います。
思えば、旭で fl@t氏 の スタリオンSHIN を見た時からの憧れだったんですよね。
ターンバックルとか他にもレッドアルマイト物がありますからちょくちょく導入していこうかな。


今回の仕様

ラジ天CUPスポチュンクラスのレギュレーションに合わせてスポーツチューンモーター、タミヤのAタイヤ、ギヤ比7.0(スパー98・ピニオン35)に。

ダンパーはオプションに変更して1.1×3穴、タミヤ製#500オイル。バネはキット付属物(ソフト)
(補足:京商ダンパーは径が太くいつも使っているタミヤ系バネが使えません)

前後ボールデフのフルタイム4WDで、アライメント等は取説通り。

受信機はビッグイベントだと言う事を意識して2.4Gを載せました。
アンプはツイスター(初期版)。最近発売されたモーターマニアのツインキャパシタ搭載。
周波数はまた時間を作ってボチボチいぢっていきます。

サーボはロープロタイプでメカ類はとにかく前方へ載せてフロント加重を稼ぐ(つもり)。
モーター後方の隙間も大きく取って熱対策&メンテナンス性向上が図れるハズ。
更に拘って、アンプを外側に搭載して熱対策を図ってます。(効果のほどは判りませんが)

ちなみに標準のアンテナポストは変な所(シャーシメカスペース)に取り付けるようになってましたが、どうにも気に入らなかったのでアッパーデッキに穴を開けて移設してます。


・・・前置きなげぇよ(笑)
でも、記録しとかんと忘れるし希少なデータなんでw


さて、本題。
早速、コースイン。

う~ん・・・・    普通。 (笑)

気にしていた棒車特有のギヤノイズもさほど気にならない。
前後ボールデフのフルタイム4WDは初経験なんですが、ちゃんと曲がる。
ダンパーも全くデータ無しの、勘だけ頼りにして組んだのですがいい感じ。
(でも走る前に3回位はオイル番手入れ替えた)
200mmというワイドトレッドによって安定性は高いですね。
その反面、動きがモッサリ。(notモッコリ)

でも、遅い・・・遅すぎる。
流石にスポチュン+7.0というギヤ比は気が抜ける。(^^;
ラジコンって速度感が無いとスリリングな面が無くなって走らせてても楽しくないというか飽きるというか・・・
タミヤ車だったら6.5前後が指定されててなんとか楽しめる速度域なんですけどね。
他メーカーには不利なレギュレーションです。判っててやってるので文句は言いませんw



G20モーターを試したり、ギヤ比を変えてみたり、タイヤを替えてみたり、アライメント変えてみたりしつつ、シェイクダウンは終了。

懸念されてた駆動系の重さも 慣らし完了 でクルクルのスルスルになりました。
棒車党の アノ方 いわく、エボ5はもっと軽いですよ。と、アンプから狼煙をあげつつご教授頂きました(笑)
お礼にアンプを貸し出しますね。

アンプの周波数 と マシンセット が現状の課題。

・・・あ。 ボディ作るのが先か。

初の棒車ツーリング

2009/04/24

自身(現代ツーリングでの)棒車を組み立ててます。


京商 TF-5S
京商トロフィーに参加するつもりで購入。レギュレーションに合わせた組み立てをしています。

予選はまだ先の話なのでラジ天CUPのスポチュンクラスにエントリーしてテスト&セッティングをしていくつもりです。
・・・キットは半額で手に入れましたがオプション代が凄い事になっています(^^;

まだ走らせてないのですが、組み立てで気付いたのは、まず材質。
安っぽいフニャフニャした樹脂ではなくグラス系が混入されているような硬い樹脂です。
ネジはタップを切って入れてもキシキシと音が出るほどです。
樹脂成型についてはバリが多かったりランナー切り取り部がえらい太かったりしてますが、部品精度はかなり高いですね。
ギヤ関係のバックラッシュもいい感じに仕上がります。

付属しているベアリングがあまりいい物ではないようで駆動が少し重たいですね。
これはとりあえずそのまま組んで慣らしのつもりで使用します。
ベベルも慣らしが必要ですしね。

慣らしと言えば付属しているモーター(G20)。
計測してみました。

まだまだ慣らしが必要な状態ですのでコレからまだ育っていくんじゃないでしょうか。
このモーターは他に例を見ないような構造みたい?
ファン内臓ですが、このファンが凄い。かなりの勢いでモーター内部の熱気が放出されます。
熱でのブローは抑制できそうですが、逆に回転抵抗になっているような(^^;

キット標準のギヤ比が4.7と、5を切っています。珍しいんじゃないでしょうか?
その事からもこのモーターはトルク型なのかな?と思っていますが真相やいかに。

旭レーシング2009/04月度

2009/04/19

旭レーシング参加してきました。
路面温度も軽く50℃オーバーな好天でした。

タイヤは銀玉オンリー。


予選1回目。
25周 5'12:239 ベスト11'972(19周目)
ギヤ比 4.45
バッテリー FM4600R VRタイプブルー
ボディ アトラスPONT

のっけから25周IN。ベストも12秒斬り。幸先はいい感じです。
でも、いつものごとく序盤は安定せず・・・


予選2回目。
25周 5'09:130 ベスト11'988(24周目)
ギヤ比 4.45
バッテリー IB4600 イーグルZAP
ボディ プロトフォームR9-R

おニューボディを実戦投入。
宇宙人ボディと比べると動きが穏やかで安定してます。
動きも見た目もLTC-RよりもR9-Rが好みです。
ただ、今回も序盤がズリズリで・・・


予選3回目。
25周 5'08:989 ベスト11'973(8周目)
ギヤ比 4.35
バッテリー FM4600R VRタイプブルー
ボディ アトラスPONT

ボディは戻して今度はギヤ比を変更。一枚ピニオンを増やしました。
タイヤの処理も少し変えてこの日の一番いい結果がでたかな?



予選だけみると、インテレクトとフォースマックスの差が出てないです。ちなみに重量も同じです。
インテレクトはただのザップ。フォースマックスはベロシティレーシングの下位マッチド。
インテレクトは現状安く入手出来るのでお得ですねぇ。

ボディは、全体をまとめる事を意識するならばR9-Rがいいのかも。

ベストラップが出ている周がほとんど後半なんですよね・・・
バッテリーのおいしい序盤はタイヤが喰わずで、いまいち全体がまとまってないですね。
今後の課題です。

予選結果はAメインの5番手。(全13台)
練習した甲斐がありました♪


さてさて、決勝。
ギヤ比 4.35
バッテリー IB4600 イーグルZAP
ボディ アトラスPONT

スタートして4周目にクラッシュ・・・意識しすぎてINに寄り過ぎてジャンプ→ウォールにヒット。
マシンは動くのでそのまま続行。
っつか、真っ直ぐ走りません。ストレートはハンドルを20度位きっておかないと走れない状態。
そんな状態なので左右のステアリング切れ角も当然ズレてる・・・
トリムをいぢりたいが旭だと常にステアリング操作してるので厳しいんですよね(^^;
もうコースの真ん中を走るしかできないままゴール。

結果。Aメインドベ(6位)
24周 5'07:956 ベスト 12’154(21周目)

走り終えてマシンチェックするとシャーシの歪み、サーボセイバーのズレ、そしてフロントホイールがパックリ割れてました。欠けたとかヒビとかじゃなくてパックリです(T T)
やっぱりディッシュが無難なんだろうか。


なにわともあれ、Aメイン入り出来たし、また課題もできたし有意義な1日でした。
みなさんお疲れ様でした!

次はラジ天CUP。
新車投入予定っす。



今回は携帯で動画撮ってみました。
意外と見やすいですね。
ズームする時、音声が途切れますが(^^;




新製品ネタ

2009/04/18

静岡ホビーショーで発表された製品。

タミヤ

TA05のバージョン2だっぺよ!(笑) 6/24発売
片持ちモーターマウントって限定記念ポルシェと同型かな?
シャシーもナロー化されて、なんつーか、TB-03のベルト版みたいな雰囲気ですね。

TB-03のカーボンシャーシだっぺよ!(笑)
どこぞのオーナーも狂喜乱舞している頃でしょうか?(笑)

SGTのインプボディやDTMボディも気になります。

レースの準備

2009/04/18

明日に備えて準備ちう。
パーツを変えたりしてるのでウェイトチェックをメインに。

宇宙人ボディはとんでもなく軽いんですよね。
補強の為に骨を入れたりしてますがそれでも87gしかない。
このボディでタイムが出る理由はこの軽さが大きな武器になってるからだと思います。
ウェイトはその分、載せなきゃいけませんが好きな所に載せれるのは有利ですからね。
・・・でも、どこに載せるかいつも悩むんですが・・・(^^;

使用予定のバッテリーを量るとインテレクトとフォースマックスは同じ重さ。
ヒロサカは13g程重いです。かなり重い。と、言う訳でヒロサカは予備ですなぁ。

タイヤも組んだインナーやホイールでも結構な差が出るのでチェックチェック。

1453g で仕上げました。

ボディを変更する時は全てのウェイトを降ろせばいいハズ。

旭 で練習~

2009/04/16

ようやくレースモードへスイッチオン。
あれやこれやいぢりまわして、結局、当たり銀玉と曲がるボディに頼ることに(笑)

新ボディのR9-Rは 悪くない って感じ。クセも酷くなく普通に走る印象です。
見た目は気に入りました。

オイルはアソシの#300から#350へ。
アンプとモーターの発熱が気になってきたのでBMCの周波数も軽目に変更。
発熱の差が10℃近く抑制できたみたいです。

あとはメンテだけ~。
いかに本番で集中できるかでしょうね。


一人ぼっちで時間も余裕あったので 遊んでみました。
ネットブックに備え付けてあるWebcamのカメラを利用して動画を撮ってみますた。

You Tubu で見る(コメントにセット内容書いてます)



性能がアレなんでコレ以上の画質は無理。
映像と音声のズレとか発生するけど勘弁ね。

きちんとしたビデオカメラで撮ってみたいね。

KYOSHO TROPHY 2009

2009/04/11

KYOSHO TROPHY 2009 に参加計画中。
クラスは SUPER GTチャレンジ です。

メジャーなイベントに参加したいのはずっと思ってて、タミグラを検討してはいたのですがレギュレーションが細かすぎて解り難いし、なんとなく敬遠してました。

KYOSHO TROPHY の SUPER GTチャレンジ は非常に解り易い内容です。
車両はTF-5Sの1車種。
モーターは20ターンのキット付属品。
ギヤ比はノーマルのまま。
ワンウェイは禁止。
タイヤ、ホイールは京商製の指定品。ちなみにディッシュ不可。
バッテリーはオリオンスポーツパワー(ストレートパック)シリーズのみ。
シャーシ・アッパーデッキ、ダンパーステーのカーボン換装禁止。
などなど・・・

簡単に言えば、ほぼストック状態です。

TF-5S自体も定価¥27000位で実売価格は¥15000前後でしょうか。
・・・まずはマシンを手に入れないと(笑)


全国7ヶ所で予選が行われて各ブロック(地区)の上位者はグランドファイナル(日本一)への出場権が得られるようになってます。

とりあえず、7/4の岡山県で狙います。
ココで予選落ちならば、11/28の大分県でリベンヂかな。


やはり一人ぼっちでの遠征は心細いので、いつもお世話になってる 某お方にも声を掛けたら一緒に参加して下さるようです(笑)
ありがたや~ (-人-)

一緒に参加したい人、居ませんか?(笑)
と、いうか、クルー(助手・お手伝い)募集しまっす。


余裕があれば、前日入りして飲み食いしてゆったりヤリたいね。

ヒロサカセル帰ってきたよ

20090411000022
新品のまま3ヶ月放置したら案の定死亡(笑)
インパルスかけても0.02Vの表示(^-^;
Yナガ氏も死にセルをお持ちのようだったので(笑)まとめて交換しました。

店に持って行きますね>Yナガさん

ニューボディ

初の携帯からの投稿だす。

新しいボディ作成ちぅ
20090410232630
【“ニューボディ”の続きを読む】

追加景気対策

2009/04/08

定額給付金。
コレって元々は僕らが払った税金だっけ?
給付というよりも還元でしょうか?σ(^_^;

自分は、
「お金持ってると公権はロクな使い方をしないのでお返しします。」
みたいなニュアンスで捉えています。


さておき。
追加景気対策として、新車買い替えで¥25万支給だって。
13年以上経過した車を廃車にして新車を買う。という、条件付きだけど。

実は先日、友人に、
「あのワゴンR、何年乗ってんの?」
と、聞かれて、
「14年だよ。」
みたいな会話をしたばかり。

ここにきて追加景気対策を知り、ますます乗り換えの話が加速しそう・・・

つーか、魅力ある車造りを先にやってくれないと、選ぶ車がないんぢゃけど(笑)



・・・コレ下さい(笑)

ストレートおわたヾ(*゜ー゜*)ノ

2009/04/07

本当にイイ物を世に送り出してきたストレート株式会社がリタイヤしたみたいすね。
ストレートHP

今後はKエンジニアリングが業務を引き継ぐ形になってるみたいなのでサポートについてはひとまず安心。
最期までユーザーの事を考えてくれたストレートに拍手。

ラジ天CUP 2009/04月度

2009/04/05

ラジ天CUP参加してきました。
詳細はのちほど。

お疲れ様でした。

レース結果をアップロード済みです。
今回はフォルダそのものの名前を書き換えましたので見やすいハズです。
調子こいて予選もアップしましたよ。


------------追記
朝は少し肌寒かったですが、終日 天気も良くて気持ち良くレース出来ました。


スポーツチューンクラスとオマケで開催されるエキシビジョンにエントリーしました。

スポチュンクラスで使用するTA05ですがずっと「勝ち」から遠ざかっていましたので今回は意識して仕上げました。
モーター・タイヤ・ホイール・インナー・ロールセンター・リアトー・トレッド・デフ・ボディをいぢりました。
練習中にお亡くなりになったモーターは新調。コミュがピカピカになるように慣らし。
22000rpmオーバー。1.9Aオーバーのモーターになりました。今後も育ってくれるでしょう。
ホイールは無難に24mm幅に。色はブラックにしてブレーキディスクのチラリズム♪
リアトーを2.0度から2.5度に増やして立ちのリアトラクション増加。
リアヘビーな純正プラウィングからポリカ製ウィングに変更。
旋回バランスも良くなってイイ感じ。

好調モーターとタイヤもおいしい所が使えたのでベストタイムもなかなかのモンです。
ただしバッテリーが問題で3~4年前のGP2200だったり2000mAhしか入らない3800インテレクトだったり・・・σ(^_^;
んが、とりあえずポール獲得。たった3人のエントリーですがw

決勝は N野氏 とのバトルで中盤に事故発生。
ストレートで接触したN野号がバランスを崩しラップカウンターの橋に激突。
・・・すんません。当てるつもりはなかったのですが・・・

後半はタイヤとモーターの熱ダレ&バッテリーの電圧を意識したバトルを再開。
結果として0.2秒差で勝たせて頂きました(笑)

いや~。TA05での勝ちは久々だねぇ。そしてハンデウェイト地獄の始まりだ(;´Д`A ```


そしてそして、話題のなんでもクラス「エキシビジョン」
なんと7台ものエントリーが!(笑)
最近のF1ブームも相まってダイレクトドライブでのエントリーが多かったです。
上位からF103GTが2台、F1が3台、自作(?)が2台かな?
走らせる人も見ている人も楽しそうでしたね。

結果としては、時間もお金も(笑)費やしたお陰か勝たせて頂きました。
ん?このクラスは勝ち負け関係ないですね。

に、しても。
3年位前から「ラジ天CUPにダイレクトドライブのクラスを」と訴えてきた僕にとっては非常に嬉しい日になりました。
現状はきちんとしたクラスではなくあくまでもエキシビジョンなのですが大きな前進かなと。
自分を含めて皆さん、マシンセットのセオリーとか何がどうなのか手探り状態みたいなので今後の動向でレギュレーションが決まってくるかもしれませんね。
皆で色々と意見を出し合い、情報交換もしつつ 正規クラス として開催出来ればいいですね。


その他クラスも盛り上がりました。
スポチュンとスポーツマンのエントリーがもう少し増えるといいですね。

アクスルポッキリ

2009/04/02

サーキットでの出来事。
F103GTにタイヤを嵌めてナットを締めようとしたら・・・・




なぁにぃ~~!?






































ええ。ええ。やっちまいましたよ(笑)

締め過ぎた訳ではなく、ナイロン部に差し掛かった途端にコロン・・・と。
疲労折損ですね。

見ての通り、オフセット付きなんでノーマル代用すると左右のオフセットに違いが・・・
ま、左右ともノーマルにすれば良いんですがね。
そうすると4mmもトレッドが狭くなります。

今までのセット出しが無効になっちゃいそうですなぁ。

・・・リアタイヤの幅を広くするっつー手もありますな。(▼∀▼)ニヤリ



とりあえず、ノーマルのハブを探してたら。


過去のパーツが出てきました。
04モジュールのピニオン発見は嬉しいです。
18~25枚が揃ってるような。(ほんとに04モジュールかどうか保証はありませんが)

制限速度

2009/040/02

実車のお話。

---------------------
規制速度変更

警察庁は2日、都道府県公安委員会が道路ごとに定める規制速度の決定方法を見直し、交通実態 に応じた、きめ細かい基準の新設を決めた。一般道路でも安全が確保されれば、時速80キロを上限に、法定最高速度60キロを超える規制速度の設定も検討する。

 身近な生活道路では「30キロ以下」の規制も登場。規制速度の決定方法が見直されるのは平成
元年以来約20年ぶりで、本年度中にも基準を示す。外部有識者らの委員会(委員長・太田勝敏東洋
大教授)が同日、報告書を国家公安委員会に提出した。

 規制速度は一般道路で60キロ、高速道路で100キロの法定最高速度を基準とし、都道府県公安
委員会が事故の発生状況などを参考に決める。法定最高速度を超えるケースは、栃木県の国道119号
の一部での80キロ規制などがあるが、極めて少ない。
---------------------


制限速度の引き上げはリスクも上昇するけれど、ポジティブな考えをしています。

速度が上がれば、車そのものの操縦安定性が求められる
 ↓
車体剛性やブレーキ性能、ベアリングとかホイール、タイヤ、サスペンションなど、より高性能な物が必要となってくる
 ↓
国産車全体がレベルアップ

・・・みたいな、能天気な希望を持っています。

言いたくはないけれど、国産車はプアですよねσ(^_^;
台数稼いでナンボな自動車産業ですが、より質を求めた体系になってくれると嬉しいです。

高額になってしまうでしょうが、長く乗る・長く乗れる車になってくれればいいんではないでしょうか?
ちなみに、僕のポルシェは1979年モノの30歳です。まだ乗れます(笑)


生活道路30キロ以下。これはいかがなものか・・・
どこもかしこも30キロ以下になっちゃうのはヤヴァイよね。


ってかさ、原付30キロ規制は引き上げようよ(笑)
ほんとに30キロで走るのは逆に不安定で怖い~。


あと、アレだね。
100キロ、80キロ、60キロ・・・・と制限速度が細分化されちゃうと、今走っている道路の制限速度ってナンボなん?って時に困るなぁ。
標識見落としてる事多いので(コラコラw)
取り締まりの罠みたいに感じる。

車体(インパネとか)に今走ってる道路の制限速度を表示する機能を付けるとエエのにな。
ほんで、制限速度を超えると警告してくれるとかさ。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。