since 2006/08

tom-k's RC blog

趣味のラジコンの事をメインにダラダラと書き綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホビーショー

タミヤのTBシリーズがモデルチェンジでTB-03が出るみたい。
シャーシ詳細は解んないけど、ボディはARTAガライヤ。
もしかしてIFSなのかな。

ボディといえば、ゴルフカップカーやスズキSX4-WRCも出るみたい。
あと、やっぱりと言うかなんつーか、エボ5のMS。

シャフトも進化する時が来た?かな?


詳しくは静岡ホビーショー開催されてから解るでしょうね。
静岡ホビーショータミヤ出展品
スポンサーサイト

FM4000R

1月頃、書いてたように5セルに合わせたアイテムがどんどん出てきてますね。

5分レースになってバッテリー容量に余裕が出てきた訳で。
実際には2000~3000mAh位、使っているのかな。
4600mAhってのを使ってみてるけど、余る方が多いような( ̄ー ̄;
使用時、緩やかに電圧降下するので後半のタレを気にした場合、大容量の方が有利。
でもね、重量は増えるし、充電時間は長いし、値段は高いし・・・・

出来るだけ小容量でバッテリーの後半のタレが少ないのが、欲しいなぁ。
もちろん今の大容量レース用セルのようなパンチも必要。

で、今、気になっているのはコレ。
フォースマックス4000R


ストレートパックの単セル放電器

N野さん。コレ作って下さい(笑)
バカ売れ必須ですよ。

63597fed4b035550e358165d60d8f0da.jpg

R仕様

TA05シリーズにまたグレード違いが発売されるみたい。

TA05 IFS-R

プーリーの大径化として37T-18Tの組み合わせとなるらしい。
もちろん延長されたベルトも出る訳で、もっと先には18Tワンウェイも出るみたい。





以下、削除。




DPD生産終了

トリニティのDPD(ダイナ プロ デジタル ディスチャーチャー)が生産終了らしい。
親電源無しで駆動する単セル放電器で、パック及び各セルの電圧・容量・抵抗値が表示される優れものなのに残念です。
実売価格も¥20000前後で他メーカー品と比べてもかなりのコストパフォーマンスです。

手に入れるならば店の在庫か中古出品物のみですね。
もう一台ゲットしたい(笑)

DPD

レースリザルトUP

ラジ天CUP2008年4月度のレースリザルトUPしました。
ニックネーム及び使用マシン記載について要望があれば追記しますので連絡下さい。

また、今回は N本兄 君が写真を撮ってくれていますのでギャラリーとして公開予定です。

それにしてもとんでもない枚数です!500枚オーバー。
ファイルサイズもデカイので公開までにはしばらく時間を下さいσ(^_^;)
(僕のセンスで画像をピックアップして加工修正します)

ただ単に記録を残すのではなくて 思い出 として残せるのはイイですね。
動画もあればUP可能ですよ。


さてさて、レースの雑感をば。
今回、タミヤクラスが4台と少なかったです。
その分、上位クラスに参加者がスライドしたようですね。いい傾向だと思います。
スポチュンクラスは10台の参加。タミヤクラスからの乗り換え参加が多いのかな。
準備も気軽だし腕の差も大きく出ない、速度も丁度良い事から人気があるんじゃないかと思います。
このクラスは良いタイヤを見つけ出せば勝てる。と僕は思ってます。色んなタイヤを試してみる価値はありますね。
Bメインで勝利した いつもの連れ かつくん 
ベストラップは他車に負けてますがミスもなく安定した周回をこなせた恩恵での勝ちでしょう。
27Tクラスは、これまた身内(?笑)の N野さんが勝利。
彼はツーリングを始めた時から光るものを持ってました(笑)
要点を見つけ出して自分の手でなんとかする。というハングリーな点では誰にも負けてないと思います。時間やお金は関係ないんだと改めて感じました。
何よりも気持ちが大事なんですよね。

27Tクラスは宣言した通り、僕は不参加。

スポーツマンクラスではふざけた走りをしてごめんなさい。
やはり6セルはマシンが重たく感じます。それだけGが掛かってタイヤが負けているような感じ。
特に周南サーキットは細粒で埃っぽい事からグリップ確保が厳しい。
レース後に5セルでテストしましたが、凄くコントローラブルなんですよね。
タイヤグリップが一段上がったような感覚。オン・ザ・レールですよ。
ストレートでの車速が出ないのでラップタイムこそ12秒切るのは難しいのですが、ドライブする感覚は6セルより断然楽しいです。
一度、お試しアレ(笑)  ちなみに最近はバッテリーを前載せ。

そしてミニクラス。
12台参加と、今回一番盛り上がったクラスでしょうか。
いずれリア駆動で荒らしにいきます(笑)


ラジ天CUP2008/04月度

ラジ天CUP参加してきました。
天気予報ではずっと雨でしたが、蓋を開ければ晴天のレース日和でした。



まずは結果。

スポーツマン(23T)クラス 全4台
予選 : TQ
決勝 : Aメイン 優勝 30L 6:05.711

スポーツチューンクラス 全10台
予選 : 3位
決勝 : Aメイン 3位 34L 8:13.529



「スポチュンクラス」
よくよく考えたら予選2回と決勝1回というレース用バッテリー本数が足りてませんでした(笑)
予選1回目は新品EA2200。袋から出して放電後充電。何もデータの無いまま使用しましたが・・・
さいてーでした(笑)誰が見ても速度が遅いのが判るほど・・・
予選2回目はFM3300。これもテスト走行用なのですが普通の速度で走ってくれました。
でもまぁ今回の問題はタイヤでしたね。
スポンジインナーだと結果が出にくいということが判ったのでヨシとしましょう(笑)
でも僕はドMなので(笑)不利だと判っていながらもチャレンジしていきたいなぁ。と。(笑)
決勝はインテレクト3800。去年一年間使い倒しているのでそろそろパンチが落ちてきたかな。
8分間走りますがモーターやバッテリーのタレを感じる事は無かったですね。
ただし、タイヤが・・・路温もかなり上昇してスポンジインナー+ライドのナイロンホイールはフニャフニャ。グリップが足りません。ミスも結構出してしまって結果的に3位に。
来月はブッチギリを目指して改善しますよ。

「スポーツマンクラス」
5セルと6セル両方準備していきましたが、他に5セルの人も居ないので全て6セルで走りました。
さて、予選1回目はなんかしらんが僕一人で走ってるし(笑)全くつまらん(笑)
予選2回目は使いたくなかったんだけどFM4300でTQ獲得。
決勝はインテレクト4200でしたがアクシデント発生。
充電中にバッテリーを少し移動させたら充電器にエラー表示が。
バッテリーが繋がれてませんよ。という英文なんですが・・・
よく見るとシャンテが外れて2つに分離・・・3セルになっとるがな!(笑)
同時に5セルも充電していたので5セルで決勝を走る事も考えましたが、絶対速度で負けてしまう。
他の6セルを今更充電しても間に合わない。
仕方ないので予選2回目に使用したFM4300を追い充電して対応しました。
1日に何度も使うなんてバッテリーに負担が掛かるしパワーダウンもしちゃうんだろうなぁ。と思っていたのですが全く問題無くビュンビュン走れました。フォースマックス。すげーな。

そして何よりも嬉しかったのはクジ引きでボディゲット!(HPIのRX-8)
特別に行われた O本キャプテン杯ジャンケン大会 でまたまたボディゲット!(タミヤのエブロ350R)



いやぁ~。いい一日でした(笑)
皆さんお疲れ様でした~♪

PS:レースリザルトは近日中にUPしますのでしばらくお待ち下さい。


よし。おまいらソコに座れ。 説教されているようです。


さんまる~パン買ってきて。 パシリさんまる


スタート5秒前。 ってw ちょw まってw ひかれるw






タイヤ

もう作ってないのかと思いきや。
ベルテック5C27がラジ天に入荷してました。
このタイヤはライフとグリップのバランスが良くて容易に手に入るならばずっと使い続けたいタイヤです。
銭に余裕があれば全部を大人買いしたかった・・・(笑)

マニアックスストアでもまた扱ってくれないかなぁ。


4年目に突入した自分のツーリング歴。
3ケタを超えるタイヤセットを使ってきましたが、「銀玉」と「ベルテック」は外せないマストアイテムとなりました。
ついでに言うと。
ホイールはディッシュよりもスポークタイプが好みです。単に見栄えだけなんですが(笑)
ハイブリッドのスターホイルのストックを30セット位持ってます(笑)
インナーについては以前はハードを好んで使っていましたが今はミディアムで統一してます。
インナーは使い回しをしているので新規購入は滅多にしませんが買うならばAHですね。
(他のインナーについてはテストしてないので判らないだけ)
本当はソフトインナーで軽量に仕上げたいのですがタイヤのヨレる感覚が気に入らん(笑)

ラジ天CUPに向けて準備

ラジ天CUPに5セルで参加する人は居ないのかな~。
僕だけ5セルと言うのも他の人に迷惑かけてしまいそうですなぁ。

な、訳で一応6セルに組み直しました。
なんか5セルに慣れてたせいか6セルは暴力的に感じましたσ(^_^;
速度的な面はそんなに大差ないようですが無駄なパワーがあるような。

・・・単に握りすぎなのかな(笑)
よりスムーズなスロットル操作が求められるのは実車の世界と同様。

現代のプロポってとんでもなく進化してるのでそういった操作自体に補正が掛けられるのはおいしいですね。デジタル画面でチョイチョイといぢるだけで好みの操作感に出来るんですもの~。

旭のセットから大きく変更させないように少しだけ変更しつつ走りました。
11.4あたりを刻んでますが自己ベストには届いてません。
もう少しセットの煮詰めが必要かな。あとバッテリーとモーターにも少し不安があります。
(今回のモーターは2年前のフォース使用)

実はDPD(トリニティのデイナプロディスチャージャー)も入手してまして、それを使ってバッテリーを調べると抵抗値が異様に高かったりとダメなセルが色々と発見出来たわけで(笑)


スポチュンクラスは・・・マシンが動く事を確認しているので、もういいや(笑)

ミニ? ええ。買いましたよ。M-04M

袋から出してもいないので今回の参加は見送りです。
要るべきパーツを揃えてから組むつもりなのですが、いつになるか不明(笑)


っていうかさー。当日 雨 らしいです(泣)

スポチュンクラス試走

先日、スポチュンクラスの試走をしてみました。
マシンは去年シリーズ戦のチャンピオンカーであるTA05です。

シリーズ戦からの変更点は。
タイヤ : タミヤファイバーモールドミディアムナローA
モーター : スポーツチューン

これだけです。

で、何がどう変わったのか知りたくて試走した次第。

まず速度が速くなってます。以前使ってたGTチューンって大した事ないですね・・・
んで、モータードラッグが小さくてめっちゃ転がります。
アクセルオフで減速!みたいなのは無くて、ブレーキング操作が必要だに。
自分のはフロントもセンターもワンウェイのダブルワンウェイ仕様。
う~ん。フルタイム4駆の方がイージードライブで安定したラップが刻めそうですね。
と、言うのも、タイヤグリップに問題があって やっぱりタミヤ製 と思わせる程度。

んーと。タイヤに組んだインナーも影響しているんでしょう。
実はスポンジです。シリーズ戦で使っていたSP1049をバラしてそのスポンジを投入。
理由は駆動系の中で一番デッカイ回転物を軽量化して加速性を上げてやろうかと。
目論みは当たってはいるのですが、路面に対して面圧が足りてないんだと思います。
とんでもなくタイヤが鳴いておりまする~(笑)

このままのタイヤを使うならばもっと足をいじらないとマズイすね。
オイルを柔らかくして~アレをこうして~コレをこうして~・・・

・・・いぢる暇が無い・・・



FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。