since 2006/08

tom-k's RC blog

趣味のラジコンの事をメインにダラダラと書き綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルバーカーボン

SSGパーツ組み込み

シルバーカーボン初体験。
カッチョイイね。

フロントセクション。


リアセクション。


密かにメンシャシーもSSGにしたいと思うこの頃。
うちの大蔵大臣にしかられそうだ・・・
スポンサーサイト

ユニバ疲労破損

リアユニバーサルがメゲました。


TCSPのver.2は軽量ユニバーサルジョイントが付いてますが、準レース専用品。
3/13の日記に駆動系メンテをしたと書いてありますが、この時にノーマルに変更しとけば良かったな・・・

メゲるまでのインプレ。
変更したショックは路面を蹴る力が強いようで動きがキビキビしてます。
少し減衰が足りてないかもしれません。
フィーリングとしてはエアレーションの方がマイルドで扱い易い気がします。

ギャ比ですが、ラジ天レギュレーション「5.95以上」となっているので目一杯の5.95に。
ギヤピッチ64に変更してピッタリの数字にしました。
立ち上がりが鈍る事もなくストレートスピードも上がってます。
本当はもっとハイギャードにしたいのですが・・・

レースエントリーしました。
4/3(日)スポーツマンクラス(23T)に参戦。
セッティング間に合うんだろーか・・・

3号機

また、やっちまった。MR-4TCSPの3号機ゲッツ(笑)


SSGパーツが付いてたので取り合えず前後ダンパーステーを1号機へ移植。
1号機のLFプロショックが抜け気味なのでついでにショックも移植。
LFプロショックではないけれどダイヤフラム式になってる。
エアレーションと比べると少し反発が強目ですな。
あと、軽量タイプのバンパーも移植。
ついでに、試してみたかったキングピンIアームへと変更。

今回も一気に沢山変更したけど、SSGパーツ&軽量バンパー使用によって10g位軽量化出来てます。
またフロントIアームをキングピンに取り付けた事も含めて全体的に反応の良いマシンになってるんじゃないかと思います。

まぁ、走ってみんとわからんけど(^_^;)

RCとの付き合い方

後輩の かつくん。 つい先日、ラジコンを始めたばかり。
いつも一緒に走らせる度に思うんだけど、彼は本当に楽しそうだ。
そんな彼を見てると、タイムとかそんなこたぁどーでも良くなってくる。
いかに、おもしろおかしくラジコン出来るか。って事に気持ちが集中する(笑)

そんな自分も、一人でやってた時よりはるかに楽しい。

周南サーキットに来る人達はそういう人が多く見受けられる。初心者も多い。
そういえば、カップルで来て彼氏が彼女にドライブさせてる光景も見ましたね。
和やかなんだよね。
このサーキットを管理しているラジコン天国徳山店の店長さんの気持ちも反映されてる感じ。

この雰囲気をずっと続けられるように自分から気を付けなきゃな。と思ってみたり。


まぁ、なんにしろ、楽しくなきゃ意味がない。

山々杯モーター入手

山々杯で支給される23Tリビルタブルストックモーター。
実際に2005年の山々杯で使用された中古品ですが入手しました。

(非売品かと思ってYオクでゲットしたが限定で市販されてたヨ(-_-;))

基本的にはアトラスフォースらしいですな。
フォースシリーズには、標準・回転・トルクといったタイプがありますが、今回のモーターはどれに当てはまるのかは不明。

とりあえず準備完了。走ってみます。

参考↓
2004年バージョン

エアーダスター

いつもスプレー缶のエアーダスターを使ってる。そうそう、あのプシューって埃を飛ばすやつ。
缶は大きくても直ぐに無くなる。しかも値段が割に合わない。

ん。これも自作した方がエエような。

ドライヤーってどうよ?
噴出し口を細くしてやれば意外とイケるんぢゃないかしら?
しかも、冷風でモーターを冷やし、温風でタイヤを暖めるとか出来そう(笑)

セッティングボード

マシンのセッティングを出すアイテムとして、セッティングボードなるものがある。
メンテナンスとは違い、アライメント等の数値を出すセッティングの為のボード。
平面である事が重要なのだが、GIALLAなどの強化ガラス物が適していると言える。

が・・・

たけぇ(-_-;)
他メーカーの、素材がガラス物ぢゃなくてもたけぇ。

これは自作した方がコストパフォーマンスに優れるだろな。
なんて考えてたけど、パソコンのモニターで使用するOAフィルターってどうよ?例えばサンワサプライで見てみるとGIALLAの半額位だ。

無論、新品を買うまでもなく、中古で十分。もしかしたら倉庫に眠ってたりしないかい?

Yama Yama Cup 23T

山々杯のモーターってどんなもんざんしょ?



後日、インプレします(笑)

11'78"

いやぁ~。「春が来たか?」って感じの陽気でした。
路面温度25度オーバー。更に、すでに走らせてる人も居てコースコンディションは上々。

アトラスのタイヤケースを満杯にしているタイヤ群からソレックス28R、インナーはエコーをチョイス。
喰い付きが良過ぎでフロントが引っ掛かり、リアが巻く。ソレックス32R+エコーに変更。これがいい感じ。
前日に¥1500で購入したMDxの3300バッテリーでタイム11’85。
12秒を大きく切りました(嬉)つなみに先日のモディファイと変わらないタイム(笑)

調子こいてたら枠にヒット。フロントダンパーエンド取り付け用ビスがポッキリ(^_^;)
サスアーム自体損傷が無いんだけど折れたビスが残ってしまい使用出来なくなっちゃいました。

すぐさまラジ天に行きサスアーム購入。ついでにグラファイト製へとグレードアップ。(折れたビスは特殊なもので店には無かった)

その後、フロント足回り組替え、引き続きタイムアタック。
日陰が増えてきて路面も冷えてきたのでソレックス24R+エコーローハイトへ変更。
バッテリーはヨコモサンヨー3600。
またまたタイム更新。11’78。


ここんとこ、タイムアップしているのは、路面コンディションに合わせたタイヤ選択とモーターのブラシ交換が影響しているんぢゃないかと思います。
もちろん足回り等のセッティングもコマ目に行ってます。ほぼ自分の思うラインへ持っていけるマシンになりました。
そのお陰でライン取りも詰めていけてるからだと思います。

現状、マシンが重いので今後は「軽量化」していきたいですね。
また、トルク型モーターも手に入れてパンチ重視のセットも試してみたいす。

クーリングダクト

これからの季節の熱対策。


誰だ?「ペットボトルだろ」なんて言ってるのわ。

・・・

その通りです(笑)

リア駆動系メンテ

本日、誕生日。関係無いけど。
ってか、寒い・・・また雪ですなぁ。おとなしくメンテ。

まずデフジョイントカップリングの磨耗。

プラパーツなんで磨耗が激しい模様。
2号機のスチールデフジョイントに交換。
う~む。かなりの重量級パーツだ・・・
ついでにスパーも交換。74枚から78枚に変更。併せてピニオンも27枚へ。(ギヤ比6.36)

リアユニバーサルジョイントの磨耗。

これもアルミ製なので段々とガタが出ます。
2号機のスチール製へと交換しようと考えましたが、今回はこのまま使う事に。

6角ハブ。

左側の軽量タイプを使っていたのですが、くぼみがあるせいか歪みが出てくるようです。
タイヤを回すとブレが出てしまうので画像右側のフラットなタイプへと交換。
どちらもアルミ製で重量の差は気にするほどありません。
こういったハブはゴムパーツを使用していますがこのゴムも劣化するので定期的に交換した方が良さげ。

練習はやっぱ耐久性のあるパーツを使用した方が財布に優しいっすね(^_^;)

ノーコン対策

実はメカ組んで初めて走らせた時から、ノーコンとはいかないまでもピクつく事がありまして。
ダメもとで画像のような物を受信機に貼り付けました。


コレ、ボディ補修用のアルミテープ。
アンプ側だけに貼ってます。

効果テキメン。
ピクつきは皆無となりました。

タイヤ

午後4時よりコースイン。YR-4は動きだけ確認。MR-4TCSPのインプレ。
かなり埃っぽくてズルズルだったのでタイムは諦めてマシンのセッティング出し。
足回り変更後からようやく様子を確認出来たのですが、予想通りリアトラクションが乏しくなってオーバーステア気味。
ステアリング(フロント)自体にはさほど違和感もなく扱える感じ。でもやっぱ初期反応がもう少し欲しいね。

リアグリップを稼ぐ為にスプリングテンションアジャスターをいぢる。
リアを緩めてフロントを少しだけ締める。粘りは出たけど、高速セクションの1コーナーでリアが腰砕け気味。S字の切り替えしも反応が鈍い。
このままリアスプリングテンションを締めて(元に戻す)リアにホイールスペーサーを入れてトレッドを1mmワイドに。
これでステアリングがニュートラル特性に近づいたけど、タイヤのグリップ自体が低いので全体的にギクシャクした走り・・・
とりあえずタイム計ったけど13秒中盤あたり。

さらに硬度の柔らかいエコー20Rに履き替えて走ってみる。インナーも柔らかくローハイトが入ってます。
グリップは上がりましたがタイヤが柔らか過ぎるのか車体が安定しません。タイムも出ません。

今度は2年落ちの(笑)ソレックス24R+硬度ミディアムローハイトの組み合わせタイヤに交換。
これがビックリするほど良く走ります。グリップも程よく、車体も安定してます。
サンヨー3600バッテリー充電が丁度終わったのでタイム計測開始。
走り始めから12秒を切りまくり。嬉しくなりますね。
ベストラップ 12秒41

セッティングうんぬんよりもまずタイヤですね。(笑)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。