since 2006/08

tom-k's RC blog

趣味のラジコンの事をメインにダラダラと書き綴る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルラジ万歳

2009/09/20

シルバーウィーク?
交替勤務な自分には無縁です。

ちゅーことで(どーゆーことだ)、旭に行ってきました。
元々は周南で30Tをやるつもりだったのですが、元UTM担当者さんがLiFeを試したいらしく旭に変更した次第(笑)

それならばと、10.5T載せたメデューサと、LiFeを2本だけ持っていくという軽装。
RCバッグが軽い軽い。

現地で7.0Aでブッ込んで走行開始。
先日の旭レーシングからメンテをしてないのでマシンは調子悪い(^^;
足回りのガタがひどくて、リアトーなんかは1度~4度位の変化があるんぢゃないかと思える程(笑)
まぁ、マシンうんぬんよりも。

走っては充電、走っては充電のサイクルも早く、軽装でじっくりサルラジ出来る事に改めて感動。


バッテリーを載せ変える事なく車載のまま充電。
ともなると、充電コードやバランスコードが長い方がイイですね。

・・・って、どんだけ楽するつもりだ(^^;

とにかく、お気楽・極楽の夢のシステムです。


レース用のNiMhは4本ありますが、3本はイマイチ君になってきてるので、このままLiFeオンリーに移行しようかな。

10.5T+LiFe用のセットも出したいしね。
まずはウェイトをどうするか。でしょうな(^^;
スケールボディにして電飾付けるか本気で考えてます(笑)
・・・あ。 スケールボディだとレギュレーションに合致しないんだっけ?(^^;
スポンサーサイト

LiFeで初走行

2009/09/11

旭でLiFeを試してみました。

まずは、いつものNiMh5セル13.5Tツーリング仕様のままで人間の慣らし(笑)
ついでに新品タイヤの慣らし。やはり最近の銀玉は柔らかく感じますなぁ。

そして今度は、その仕様のままLiFeを載せて走ります。

フィーリングは、使い古してパンチが無いバッテリーのような感覚です。
ちなみに、走り出す前の電圧は6.8V前後です。
NiMhが7.5V前後(ピーク時)ですから、やはり数値がそのまま走りに出てきますね。
かといって全くダメダメかと思えばそうでもない。
今回はウェイト調整をしなかったので、そのまま車体が軽くなり意外にもよく走ります。
逆に軽過ぎて挙動が落ち着かなくなりました。

レースでは苦戦しそうですが、練習レベルでは問題無いと思います。


ちなみに、充電は・・・

専用充電器が無いのでLiPoモードにて充電。
容量と電圧をチェックしながら頃合をみて手動で停止してます(^^;
手動で止める事を忘れなければ、Ni系充電器でも★$▲Ц■π・・・・・・


さて、次のニューアイテム。

全国各所のサーキットでストックツーリングの動力を LiFe+10.5T に代えてヤルのが目に付くようになりました。
持ってても損は無いし、10.5Tを入手。スピパ製です。

買ったばかりなんだけど、コレ欲しい。

アルマイト、カッケー(笑)
ちなみに13.5Tはブルーアルマイト。
チーム・エピックはトリニティ製っちゅー事ですね。


話が逸れますた。
それでは LiFe+10.5T で走ります。

結果は・・・・・ムフフ。
気持ちイイ~♪

立ちが良くて握った分だけリニアに反応してくれて、トップの伸びもエエです。(13.5T比)
前述したようにウェイトを載せずに走っている事もあってか、ヘタするとNiMh+13.5Tよりも★$▲Ц■π・・・・・・


計測器の電池切れで、一番気になるタイム出しが出来ず報告できずにごめんなさい(^^;

ただ、LiFe+10.5Tでのセット出しが必要だと感じました。
今のセットだと、オーバースペック気味でラインに載せれないです。
そんな訳でラップタイム的には同等か、マシンコントロールでミスして遅くなるか。って感じです。

改めて13.5Tは、動力的に頭打ちだと感じました。
10.5Tは、23Tでマッチド6セルを初体験したような気持ち良さですね。
・・・すぐに慣れるんだろうけど(^^;

温度カット温度カット

2009/08/11

夜勤明けで旭に行ってきました。

いやぁ~。暑い!
充電しようにも温度カットしまくりで思うように出走できず・・・
おうち充電しとかないと、現地充電はヤヴァイ。

サンダルだと、露出してる足がジリジリと痛い(^^;

次のレースは考えとかないと。

ん~。LiFeにしようかなぁ。
問題はレースで張り合えるのかとウェイトですね。

4パック目でようやく路面も出来たみたい。
今日のベスト12秒22
ボディはR9だったんだけどやっぱりシビアですなぁ。




話変わるけど。


なんぢゃこりゃぁ。



低重心化された現代ツーリングも、このマシンには適わないね。
ステアリングサーボまで落とし込みされてるし。

凄い。

詳細はコチラ

超グリップ

2009/08/02

久々に、のんびりラジってきました。
場所は周南サーキット。

通常、第一日曜日はラジ天CUPですが、8月は暑いからという理由(?)で開催されず。
7月も雨天中止だったので、レース開催して欲しかったけど(^^;

「よし、オレが運営してやる」と言う人が他に居ないから仕方無いです・・・
運営を学んでおかなければ。


そんな訳で。
新レイアウトになってレースが開催されておらず基準タイムが在りません。

んで。
1パック目のタイムから13秒5が狙えるんぢゃないかなぁと。

早速、色々といぢりつつ周回を重ね・・・


この日はとにかく走らせている台数が多く、路面が上がる上がる。
近年、稀に見る超グリップ路面になりました。
なんだろう・・・タイヤはキュツキュッ鳴くし、喰い過ぎて転倒しそうな感じ。
ギヤへの石噛みも皆無。

自分のメデューサはシャシーロールを多く取るようにしてますが、捻りが大きくヨタってしまう。
足も完全に負けてます。

そんな状態での参考タイム。
13秒8あたり
・・・BLSは認可されてないので参考にはならないかなぁ。

BLS:13.5T
5セル Ni-Mh おうち充電+追い掛け
銀玉 + シルバーアローズS (レッドドット)
ギヤ比:3.83

路面に合わせたダンパー&バネとインナーの選択。
きっちり現地充電をする。
ギヤももっと掛ける。(延び切っているので)
アッカーマンの最適化。
お手手。

更にタイムアップ出来ると思います。



でも、タイムうんぬんよりも、チキチキして遊んだのがとにかく楽しかった。
いくらか壊れたりトラブったりしたけど笑ってた(笑)
やっぱり、楽しくなくちゃね。


PS.
KCスリックをお譲り頂き、有難う御座います!
大事に使わせて頂きます。
スポンサードして頂いた方の為にも京商トロフィで良い結果を残さねば!(笑)




そして、夜は お山で狩りを・・・

ボディ

2009/07/14

今日も旭へ。

昨晩に、ロッドエンドやピロボールを総とっかえ実施。
ついでに、アッカーマン、バンプステア、サスレバー比の変更もしました。

コースインすると、昨日とは路面が違いタイヤが喰わない。
強風で埃っぽくなってるようです。

セットでどうにかならないかと色々いぢるも改善されず・・・
結局、ソフトインナーへ変更して事なきを得ました。

インナーの重要性を改めて感じました。


ソコソコ走るようになったので、今度はボディを試してみます。
今までにも何度もテストしてるので結果は判っているのですが、その確認作業みたいなもんですね。


LTC-R (付属ウィング)
あちらこちらで、認知度や使用率も高いボディだと思います。
なんだかマッチョな雰囲気でマシンが大きく見えてしまう。
あまり好みのスタイルではないです(^^;
走りは、高速では曲がってくるまで少しラグがあって曲がり出すと一気にクルのでステアを戻すタイミングがシビアな感じがします。
つなみに、自分はウィングに細工をしてます。

R9-R (極楽ラウンドタイプ)
スタイルが良くて男前なボディ。見た目は気に入ってるのですが・・・
頭の入りが良すぎてシビアなんですよね。
ウィングを極楽(ラウンドタイプ)に変更したせいか、フロントとリアの空力バランスが悪くなってるような。
付属ウィングよりも極楽はかなり小さ目になりますからね。
いずれウィング違いを試します。
ボンネット部がかなり低いのですが、ダンパーステーの逃げはちゃんと作ってある点も感心歓心。

上記の2つのボディはプロトフォーム製。
んで、どのクラスを睨んで設計されたのかを考えるんですけど、やはり世界戦は意識しているのかな?
だとすると、スプール仕様ですから、味付けもそれを考えて設計されてるかも。

そうやって考えると、日本製のボディはワンウェイ仕様を睨んでの設計かな?

挙動もなんだか頷ける気がします。

さてさて、やはりと言うか、自分はコレしかない。
PONT-GR (付属ウィング)
地元では、ウチュウジンとか研ナオコで話が通じてますが(笑)
とにかく、そのデザインは異質。
ボンネットもトランクも限界まで低く、キャビンもめちゃくちゃ小さい。
規定に合わせる為にキャビンの高さだけは異様に高い。
見た目はヘンテコリンですが、安定感と旋回性はダントツ。
あと、軽さも凄い。
これ以上のボディはもう無いんぢゃないかと思えるほど自分にマッチしています。
予備はストックしてありますが、あと数枚は欲しいですね(笑)


今後は日本製のボディも織り交ぜながらヤッてみます。





そうそう。
ドリフト界ではフロントとリアの駆動比を変えて ケツカキ なるものがはやってますが。
今日は、グリップ走行でフロントとリアの駆動比を変えて走ってるマシンを見ましたよ(笑)

人間の慣らし

2009/07/13

旭に行って来ました。
今月はもうレースに参加できそうにないので漠然と動かしてます。

先日、気になっていたVFSのフィーリングですが、プリセットとギヤ比を変えつつ試してみました。
いちおう4番にしてギヤ比を3.83にしました。
立ちも悪くなく、もっとカケてもいいみたいだけど。
しかしながらモーターの発熱とバッテリーの垂れ(?)も感じたので一枚減らして3.91に。
ちなみにバッテリーは旧型のインテ4600ARDウルトラで、おうち充電+現地追い掛け。

VFSとギヤ比はそのままにして今度はイニシャルブレーキを調整しました。
プリセット5番(だっけな?)は数値で言うと100。
ちょいと利き過ぎな感もありますが、ふくらんでしまって曲げたい時にはイイ感じ。
ただ、巻きが出るリスクもあるので以前と同じように85前後にしました。
んで、良い所は残したいのでブレーキ周波数を下げてイニシャルブレーキの利きを早めます。

オイルが抜けてる(笑)ダンパー角度を変えたり、トレッドを変えつつ微調整を施して、状態のよい銀玉に変えてタイム計測。
ベストで11’99。平均だと12秒03あたりで走れるようになったようです。

グリップ剤はワトソンを試してみましたが、???です(笑)
レッドドットの方が安心。
いつもはいきなり塗ってたけど、今日はクリーナーでリセットしつつ塗りました。
なんか以前のが残ってると変に喰い過ぎてる感じもしたので。
ウォーマーで蒸らしたりするとまた違うんでしょうけど。


それから。
先日も書きましたがベルトが張り気味の方がダイレクト感があってエエですね。
センタープーリーもダイレクトにしましたがコレも一役買っているのかな~。


まだまだ、「こうなって欲しい」というイメージがあるのでそれに向けて色々ヤッてみよう。

と、その前に、ガタガタになってるボールエンドを総とっかえですな(笑)
ダンパーもシャフトがグラグラしてる・・・(^^;
ナックルとCハブもだ・・・
ユニバやジョイントアダプターも・・・

めんどくせぇ(-_-;)


先日のレースで好調だった某お方のように新車が欲しいです(笑)

久々のツーリング

2009/07/11

仕事終わって、旭で走らせてきました。

今回、センターワンウェイをやめてダイレクトに換装
歯数が16Tから18Tになって二次減速比も(2:1)に変わりました。

~おさらい~
センターダイレクトプーリー 18T
フロント&リアプーリー 36T
フロント&リアベルト TRF415
リアの張りは良い感じですが、フロントは少しきつくなります。
~~~~~~
使ってればそのうち馴染むでしょう(笑)
マークベルトは確か長かったので、試してみたいのですが、どれくらい長いんでしょうかね?


それから、ESC。
BMCをバージョンUPして、そのまま放置してましたので、とりあえず素で試してみようかと。

(えっと、どのプログラムだったか・・・3番だっけな?)

かなぁり、パンチ重視ですねぇ。
チョンと握ってもドッカンパワーで走らせにくい(^^;
プロポで設定を変えて誤魔化して誤魔化して(笑)

人の好みではあるんだけど、もっとリニアリティであって欲しいので、やっぱVFSをいぢらなきゃ。

ん・・・??
二次減速比を変えたからギヤ比も変わってて・・・
そういや、計算せずに適当に転がってたピニオンを付けた記憶が(笑)
今のギヤ比が把握できてないので、もしかしたらギヤ比のせいかな?

あと、ワンウェイがダイレクトに変わった事とベルトの張りも変わったので、フィーリングも変わったとも言えますね。

人間の感覚も曖昧なので自分の感覚もズレたのかも~(笑)


ちなみに、リアトー2度でしたが特に問題なく走れました。
しばらく2度のままヤッてみよう。


全体的には、曲がったり曲がらなかったりという挙動でドライブしにくく・・・
また、色々と試さなきゃ。


つなみに、明日の旭レーシングは残念ながら参加できません。
来週の龍門も参加できず・・・
第4週の日曜は体が空きそうですが、前日は夜勤でしかも早出の予定。
やっぱ無理かな・・・(T_T)

龍門でセットを出してみようかと

2009/05/28

先日のレース後、体調を崩し風邪をひきました。
ちょいと辛かったけど、週末のレースに備えて龍門に行ってきましたよ。

いやぁ~。とにかく寒い日でした(^^;
冷たい強風が吹き荒れ、ハイネックのトレーナー+上着でも寒かった。

しかしながら路面温度はさほど低くはなく銀玉のみで走りました。

久々に23Tブラシモーターを使う訳ですがESCはツイスター2.2。
モーターはエキストリームのトルク型が2つ。


とりあえずギヤ比は安パイで4.96。モーター24000rpm。セットは旭のままコースイン。
あ。ボディはLTC-Rに変更。

おっせ~(+_+;

完全吹け切りです。あと、リアトーが4度っつーのもやはり抵抗になってますね。
とりあえず、リアトーは2度に変更(笑) ヤルコト カ ゙キョクタンw

その後もギヤ比を色々試してインフィールドの立ちを重視して4.61にしました。
4.7辺りのほうがいいかもしれませんね。
んで、トップスピードは進角で稼ぐ方向です。
あと、ボディをR9-Rへと変更。コッチのが速度出てる気がします。
いずれブガッティを出す日が来るかも。


ギヤ比4.61、ボディはR9-Rで固定してシャーシの仕様変更をしていきました。
速度が乗る分、足が負けているのでバネをより硬いモノへと変更。
ロールして路面に引っかかるので車高を上げて仮処置。
この点は今からロールセンター変更しようと思います。(現地では時間が無かった)
リアの逆スキッドが悪さしてギャップで跳ねているようなのでこれもゼロスキッドにしよう。

ブラシレスのようにバッテリーを有効に使えない為、直ぐにタレてしまい数周でパンチ感が全くなくなりますね。
一旦、とめてマシンをいじって再走するとトロトロになってます。
その為、セット出しも効率が悪い・・・(^^;


全体的にアンダーオーバーなマシンになってて扱い難かった。
特にブラシモーター特有のブレーキによって巻きが出るのは辛い。
巻かないようにパーシャル入れるとアンダー出るし・・・

こうなったら・・・ショッキーを山盛りつけちゃるっ!(笑)

・・・ん? やっぱり リアトーが問題?(笑)



車載のままモーター進角をいぢくり回して結局、今はどんだけ回ってるのか不明。
あとで計測してみます。  (→ 27330rpm 13.48A でした。ブレーキ強くて巻くので26000にダウン)



今日は221周を走りました。銀玉も昇天。ナムナム

あれ?ダンパーがチビってるよ・・・
お漏らし分、補給しとこう(笑) チャント ナオセヨw


次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。